2016年9月09日、被害日誌


色々工夫した防衛が効果があるのか、
近所からの攻撃が減ったのか、
痛みを感じない攻撃をしてるのか、
最近身体攻撃で痛みを感じるのが減った。

家での攻撃が減った代わり、
外出した時の通りすがりの人、車による攻撃がひどくなってる。
帰り道予測できるからなのか、
待ち伏せしてる人達、車で家に入るまで一苦労。


部屋にいる時、四方八方から身体攻撃を受けてる状況です。

★うちの後の石〇さんの方から身体攻撃:
<PCを利用する時>
左足21:54
右腕09:02、09;45,13;42
右足甲09:54
右肩12:44

<台所にいる時>
右腕17:55
左頭17:58
<その他>

★うちの左の月〇さんの方から身体攻撃;
<PCを利用する時>
左頭00:04、00:10~、00:30~,03:24~,03:43~
03:39,10;15
右胸03:39
右頭09:20~
後頭00:32~
背中33;23
右首22:40
右腕23'23

<台所にいる時>
左胸18:00

★うちの右の神〇さんの方から身体攻撃
<PCを利用する時>
胸13;43

<台所にいる時>
右ひざ18:05
右腕18:14

★うちの前の有〇さんの駐車場・マンションの方から身体攻撃:
<台所にいる時>
右腕21:40
左足06:20
右肩13:10、18:01

<その他>
玄関付近で右腕21:45

★その他
9957
***************

玄関を除き、全壁・天井をアルミ板で貼り、
部屋の隅にPCを置き、周りを鉄板、何重のアルミ板で囲んだ小部屋を作って利用してるが、
これらを通過し、体に当たり痛みつけてる。
移動してもすぐ追跡され攻撃されてるし、
攻撃種類も色々で、
針で刺されたような痛み、
棒で殴られたような痛み、
何か光線で焼かれたような痛み、
なにかで照射されてじわじわ変な痛み、
攻撃された時は痛みがなく、後から気づく痛み
などでその都度違う痛みがあり、、
一体どういう武器を使ってるんでしょうか。。、、
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

高校物理の放課後の補修を全サボりレベルですが・・・。

金属遮蔽が有効なのは電気的性質を持った波、つまり電磁波じゃないかと。つまり、赤外線、超音波は金属遮蔽を通り抜ける。

窓を閉めた部屋の中にいても外の声は聞こえる。これは声程度の音波でも壁を通り抜けると言うこと。

金属板でも薄い板なら声が通ることは想像できる。声が通るなら、赤外線も通るかも。

超音波は逆位相と干渉させたら、弱めることができるのでは?

3方向から飛んで来るどれか1つを弱めることができたら防げる?

Re: No title

はじめまして。ご訪問・貴重なご助言・情報ありがとうございます。


> 金属遮蔽が有効なのは電気的性質を持った波、つまり電磁波じゃないかと。つまり、赤外線、超音波は金属遮蔽を通り抜ける。

仰る通りだと思ってます。

それと、経験によると赤外線、超音波だけではなく、放射線なども応用して使ってるのではと思いますが、、、
また、未だにはっきり分からない事がありますが、
身体攻撃されてる時、いえでも外でも、
隣にいる人は全く影響がない事です。
被害者だけ当たる指向性がある身体攻撃の仕組みが知りたいですが、
今の所、被害者の脳波(指紋と同じく一つしかないと)か
体に移植してるマイクロチップの周波数を利用してるのではと思いますが、

これについてご存知でしたらご一報をよろしくお願い致します。
プロフィール

ansunduck

Author:ansunduck
東京都豊島区池袋本町1-39-10
http://www.twitter.com/asd59

2007年頃、政官民が共謀した公権力犯罪の被害を受けて訴えようとしてら、
集団ストーカー、テクノロジー犯罪の被害を受けてます。

殆どが証拠がなく、
証明できないですが、
たまたまカメラにとられた様子をアップしてます。
被害を訴えてる人達を精神病者に仕立て片つけてる。

http://blogs.yahoo.co.jp/ansund59/33916534.html

国が死んでいく、、人間が死んでいく、、

人間が怪物・悪魔になっていく、、

正義、人権、良心、道徳、倫理、魂、自尊心はどこに?。。

子供から年寄りまで、


社会的な使命感がある政治家、弁護士、記者、先生、医者、

警察、宗教家、活動家などが加害行為をしてる、、

目に見えないテクノロジー犯罪。

可笑しいな、ばかげた世の中になってるのに、
卑怯者だけが生き残ってる世の中になってるのに、
みんなどこへ向かおうとしてるのでしょうか?。。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる